日本の不動産賃貸料金は、外国と比べて安いのか?

日本の賃貸料は安い?

日本の賃貸料というのは、世界と比べて高いのでしょうか?それとも、安いのでしょうか?不動産価格の高かったバブル時代の名残りもあり、国土が狭い所に人口が密集している国であるというイメージもあって、何となく高いのではないかと思っておられる方が多いのではないでしょうか?例えば、全世界にチェーンを展開している高級ホテルの同条件の部屋を、東京・ニューヨーク・ロンドン・パリ・香港・ジュネーブで借りると、どうなるでしょうか?

外国に比べて安いホテルの宿泊料金

東京の料金が一番高いのではないかと思われる方も多いのではないでしょうか?あるいは、一番ではないにしても、高い方なのではないかと思われるのではないでしょうか?実際は、驚かれるかもしれませんが、東京が一番安くなっているのです。例えば、東京が55,000円のところをパリが137,378円、東京が32,800円のところをロンドンが86,759円、東京が53,000円のところをニューヨークが93,375円といった具合です。

日本の物価は外国に比べて安い?

ですから、このような日本のホテルに泊まった訪日外国人客は、こになに安いのかと驚くわけです。しかも、サービスの質も高いし、外食をしても値段が安いのです。例えば、牛丼が410円ですから、3ドルちょっとで一食できるということになります。これは、日本人にはその感覚がよくわからないのですが、外国人にしてみると、驚くほどの安さだそうです。しかも、味もなかなかおいしいときていますから、このような噂が口コミで広まり、また日本のホテルに対する需要が高まるわけです。

賃貸物件の魅力は管理費用は払いますが、分譲に比べると固定資産税や意外とかかる修繕費などの負担が軽いことです。