飲食店を運営する上でのクレーム対応について

お客さんからのクレーム(苦情)は必ずあるもの

もし、あなたが飲食店を経営したいと考えているなら、最初から注意しておきたいのがクレーム処理です。オーナー側がお客さんへのサービスのつもりでしていることでも、時と場合によってはクレームにつながってしまうこともあります。いくらクレームがこないように注意しても、飲食店を経営していれば必ずクレームが出てくるのです。ですから、完全にクレームをなくすことは、飲食店を運営する上では不可能だと思っておく必要があります。

料理に異物が混入しているとクレームがきたら?

たとえば、髪の毛や虫が混入していたというクレームが来ることもあります。特に、虫の混入は、厨房が不衛生になっていることが原因です。すぐに厨房を綺麗に掃除して、夜間でも虫が商品に混入しないように対処しましょう。もし、髪の毛が入っていたというクレームがあったなら、スタッフたちの身だしなみにも注意を払う必要があります。髪の長い女性スタッフには、きちんと髪の毛をくくって衛生面に注意するように教育することも必要です。

スタッフの態度や言葉づかいへのクレームがきたら?

飲食店の場合、接客に若者のアルバイト店員を雇うこともあります。しかし、その若者がきちんと丁寧にお客さんを接客できないことがあるのです。もし、言葉づかいが悪い、態度が横柄だといったクレームがきた場合は、やはりオーナーがきちんと店員を教育しなければなりません。酷い場合はその若者をクビにしたくもなりますが、いまどきの若者は似たり寄ったりであることも多いのです。お店の接客サービスのレベルを高めたいなら、必ず実際に働かせる前にきちんとした接客態度についてスタッフに教える時間を作りましょう。

飲食店の譲渡は改装工事の手間を省くために同じ業種同士で手続きを行うのが一般的です。また、店内の衛生状態が悪いとトラブルの原因になるので事前に清掃を済ませておくことも社会的なマナーになります。